Just another WordPress site

ホーム

 

サンキープ技術とは

sample2サンキープ技術は、水に特殊な電界をかけることにより水を改善し、様々な分野で応用が可能な技術です。高電圧線の下では植物の生育が良いとか、雷がなると植物の生育がいいとか電界と生物との関係は経験則では知られているものの科学的な裏付けがなく、研究されてこなかった分野ですが、近年米国では医療分野でも検討がなされるなど、今後注目を浴びると思われる分野でもあります。

 

その電界技術の中でも、特に水との関係をフォーカスした内容となっています。(人体も含め、生物の中には多量の水分が含まれているため、そういう意味では対象範囲となります。)

 

 

 

 

 



サンキープ技術の応用分野

今まで、20年の経緯の中で実証および可能性を検討した分野は以下の通りです。(特許は食品鮮度保持に限っています。)

 

・食品の鮮度保持:
食品が長持ちし、廃棄が少なくなります。また防腐剤も不要もしくは少なくできます。

 

・食品の熟成度アップ:
熟成の用途に使用。美味しくなります。牛肉などで実証されています。

 

・水の改善:
水が電界で変化するため、水そのもののビジネスの可能性もあります。ペットボトルなどの密閉器の外から技術を付加することが可能であり、水質検査などの問題をクリアできます。

 

・油の改善:
食用油は、加熱と酸素(空気、水分)によって劣化していきます。この技術を使うことにより食用油の劣化を防ぎ、長持ちさせることが可能になります。

 

水耕栽培:
この技術を使った水耕栽培では植物の成長が良く、効率アップを図れます。